« | トップページ | 祇園祭 »

2011年7月14日 (木)

黎明

多くの人が言ってきたように

やはり今年から世の中が大きく変わってきています。

どうやら案の定日本が先頭をきることになりそうです。

大きな現象として現れたきっかけは確かに大震災なのでしょうが

この大地震大津波を大震災足らしめたのは

ほかでもない私たち人間の営みの蓄積です。

私たち人間が変わらざるを得ない出来事が

まるで身体に病気が発生するように

必然的に起こり続けるということなのでしょう。

菅首相が「脱原発」を表明したのは

政権の延命策というよりは

世の中の変化が首相をして言わしめたと考える方が自然ではないでしょうか。

莫大なリスクを承知で(あるいはリスクを回避できると信じて)

原発推進を唱えている人は

間違いなく莫大な利権構造の中に居る人でしょう。

今にして思えば

儲かるなら何をしてもいいという時代が

官民の区別なくあったという事実が

驚愕と言えば驚愕です。

そうした時代を過去の栄光として追い求める人が

劇的に減り続けるまで

人類が何かに目覚めるまで

宇宙意思は人間に

(見た目)艱難辛苦を与え続けてくれるのでしょうね。

|

« | トップページ | 祇園祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164610/52205302

この記事へのトラックバック一覧です: 黎明:

« | トップページ | 祇園祭 »