« 道 | トップページ | 人生の目的 »

2009年6月22日 (月)

「割り切り」とは魂の弱さである。

                (亀井勝一郎)

|

« 道 | トップページ | 人生の目的 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰ですね。
そういう表現もありますが、開き直りや割り切りもひとつの力ではないでしょうか。
キモノは不要不急のものとなりながらも、大切な文化だと思い伝えていく、そしてこだわっていくといっても、今の状況の中でこの先にそれほど光明が見えているわけでもなく、それでもがんばっていくと言うには、違う意味での割り切り方が必要だと思います。
誰かだけが犠牲になって、この業界を支えるなどとんでもない話ですし、馬鹿問屋を飛ばして、直接売るような割り切り方は必要ですし、駄目なら止める勇気もあるべきです。

自分が楽しめない仕事なら辞めたほうが良いのです。
それに、がんばってくださいなどという抽象的な応援では成り立たないのです。

経営はシビアであって当然です。
私は60歳になって当然ですが、これから先のことを考えていますし、良い意味で、それなりの割り切りと開き直りを持っていますよ。

投稿: 高橋洋文 | 2009年6月22日 (月) 15時58分

書き込みありがとうございます!
なるほど、そう考えることも重要ですね。
言葉はやはり、なかなかに難しい。
こうして違う角度から切り込んで頂けること自体が、ものすごく学びになります。
深謝。

投稿: はりたやすのり | 2009年6月22日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164610/45420179

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 道 | トップページ | 人生の目的 »