« 有り難き幸せ | トップページ | 家庭医 »

2008年6月27日 (金)

得たものは失ったものより大きいか

着物の仕事を始める時

結婚披露宴での着物比率を半分にすることを

当面の目標として掲げた。

自分自身がかつてそうであったように

日本人としての格好よさというものが

どこにも誰からも何も感じられなくなっていたからだ。

ふと思ったのだが

日本人が日本人の心を失った分量は

衣食住で失った日本人の生活文化の量と恐らく同じだろう。

「世界の現実は体で表現したほうへ動く」と何かの本に書いてあったが

私たちが西洋文化に浸れば浸るほど

日本人としての文化は消滅していく。

明治の頃、日本の公用語を英語にと真剣に提案した有名なバカがいたが

私たちが私たち自身の中に価値の基準を据えられなければ

私たちがこの世に存在する意義は無いに等しい。

日本人が日本の心を失うのは

全体で一つのこの世界において

とんでもないアンバランスを生じさせる。

事は私たち日本人だけの問題ではないのである。

人類のために、世界のために(本当は宇宙すべてのために)

私たちは私たち固有の価値を守り育てていかなければいけない。

私たちは長い歴史の中で、あるいは短いけれど強力な操作の中で

数多くの偽りを信じ込まされ続けている。

生きとし生けるものの本当の営みは氾濫するメディア情報の中にはない。

人間が生きるとはどういうことなのか。

世の中の問題は、いつも自分自身の問題である。

|

« 有り難き幸せ | トップページ | 家庭医 »

コメント

得たものは失ったものより大きいか?
また難しい事書いてからに。ハゲるで。
そんなん個人によって価値観違うしなぁ。
ただ、何でもそうやと思うけど、
失って初めて分かるよなぁ、失ったものの大きさは。

投稿: Hiroyuckey | 2008年7月 3日 (木) 20時47分

個人の価値観なんて思考は
ほとんどが過去とか他人の思考とかからの影響やん。
そんなものの中に真理はないと思うねん。
だから
その得たものは本当の意味で得るべきものやったのか。
代わりに失ったものは、本当に失ってよかったものなのか。
自分の奥深いところに尋ねてみないとね。
難しく考えるというのではなく
本当の自分の観察から逃避せえへんというだけ。

投稿: yasunori | 2008年7月 4日 (金) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164610/41621996

この記事へのトラックバック一覧です: 得たものは失ったものより大きいか:

« 有り難き幸せ | トップページ | 家庭医 »