« 来年 | トップページ | 横着 »

2007年1月 7日 (日)

節目

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

いつの頃からか正月はすっかり連休の一つくらいの

立場に追いやられてしまった。

さすがに初詣に出かける人は多いが

凧も上げなければ、羽根もつかないし、独楽も回さない。

暮れに餅をつくなんて古い会社などにかろうじて残っているだけだろうか。

格好など惨憺たるもので

着物などこれだけブームと言われていても本当に少ない。

初詣で一番多いのは恐らくグラウンドコートだろう。

(ここはラグビー場か?)

正月行事に対する姿勢のあり様はその一年全ての姿勢を代表する。

一年の計は元旦にありとはよく言ったものだ。

要するにけじめがないのである。

けじめの無さが戦後民主主義教育の最たる特徴だろう。

けじめがないから人間としての規律ができず

組織に規律の文化が生まれず

結果として人間が成長するシステムが育たないのだと思う。

教育は教え方の理屈を論じ合っても無駄だろう。

基本的なことだけでいいから

小さい時から規律ある生活を営み規律を重んじる人間に導く。

(親がやるだけでいい。私のような育ちの悪い大人にはしんどいけど^^;)

これだけで、少年少女たちは放っておいても

自分の頭で正しく考える正しい大人に育っていくだろう。

子供に大人の考えを教え込もうなんて神をも畏れぬ仕業なのである。

だから、バカな親や教師ほどそうしようとする。

バカを蓄積していった大人たちより遥かに賢い子供達は

当然猛烈に反発するという構図である。

規律ある人、規律ある文化だけが偉大な組織をつくっていくという。

国もまた然り。

正月の準備は大変である。

節目を重んじ、けじめのある生活を営んでいくのは結構労力も要る。

すべてをパスしたら明らかに楽チンだ。

しかし、しかし、それだけでは世の中としては確実に落ちていくのである。

お天道様にも逆らうことなのだから、到底勝ち目はない。

残念ながら規律なしでは人間社会は確実に堕落の方向へ移動していくのである。

そう、歴史が教えてくれている。

|

« 来年 | トップページ | 横着 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
しかし、ことしもキリッとした事書いてはりますねぇ。
昨日、一昨日とTVで白虎隊を観ていましたが、
会津精神ってのは、37歳の私にとっては、
懐かしく、まさに美しい国、日本という感じがします。
様々な文化を理解し受容する事は良い事ですが、
自国の精神・文化を忘れ去るなんて、日本人は。
私も今年は規律を持った生活をし、ダイエットしようっと。
今年も宜しくお願い致します。

投稿: Hiroyuckey | 2007年1月 8日 (月) 09時48分

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
いつもご拝読頂きありがとうございます。
自分への戒めに書いております^^;。

投稿: | 2007年1月 9日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164610/13371528

この記事へのトラックバック一覧です: 節目:

« 来年 | トップページ | 横着 »